公開履歴
髪をとかしている男性

フィナステリドは前立腺肥大症の治療のために開発された成分で、投与していた患者の毛髪が濃くなるという副作用が現れたことから、発毛に効果的なものとされ、さらに研究を進めた結果、男性型脱毛症(AGA)の脱毛に有効的であると認められた経緯があります。
現在では世界各国で使用され、日本でも認可された医薬品で、前立腺肥大症の治療薬としても利用できますが、主としてAGAの治療薬として用いられています。
日本ではプロペシアやフィナロといった名前で販売されています。
AGAは薄毛が進行して頭頂部や前髪の生え際が禿げあがってしまう症状で、加齢によって毛が薄くなっていくのですが、実際には年代に関係なく現れ、多くの男性を悩ませています。
遺伝や生活習慣が原因とも言われますが、主な原因となっているのは頭部に発生するDHTと呼ばれる物質で、これが男性ホルモン受容体と結合することで、毛母細胞のヘアサイクルが狂い、髪の毛が成長せずに抜けやすくなります。
フィナステリドは内服薬として販売され、服用することで原因物質であるDHTの生成に必要な酵素を阻害し、DHTの発生を抑えることで、ヘアサイクルの乱れを正常化し、発毛へと繋がるようになっています。
当然ながらDHTを抑えるためには、継続的に服用する必要があり、一定の時間帯で服用しないと、血中濃度が安定せずに効果が発揮されなくなります。
1日置きや12時間も後に服用するようになると、DHTの生成を抑えることができず、発生したDHTがヘアサイクルを乱すことで抜け毛が進行してしまうので、フィナステリドを服用する時は、必ず同じ時間帯に飲むようにしましょう。
ちなみにフィナステリドの血中濃度半減期は3~4時間程度と言われているので、1日1回の服用を限度としていますが、あえて服用量を半分にして1日2回で飲む人もいるようです。
ネット上には、フィナステリドを配合したプロペシアやフィナロの飲み方を学べるサイトもあるため、初めて飲む方は一度見てみるといいでしょう。